桂泉会は、「地域に開かれ、愛され、信頼される」施設をめざして、役職員ともども一層の努力をいたします。

電話番号
老人介護サービス
浄心園
くつろぎの家
≫ ケアハウスまべち川
≫ ケアセンターいずみ
  
≫  いずみ
  ≫  きらり  
サンニーノ
栄養士部会

 ISO 9001 認 証 取 得

  1.老人介護福祉サービス

  2.障害者支援サービス

みやび

スローガン

信頼は確かなスキルと笑顔の対応

写真:スローガン

みやびでは、障がい者の心身の特性を踏まえ、その利用者の能力を最大限活用し、営むことができるよう支援します。

日常生活上でこまやかな支援や快適さはもとより、圏域内で不足している”リハビリ”の視点を重要に考え、専門的なスタッフを配置し、心身の機能向上・維持に役立つよう努めます。

お知らせ

 感染症対策として面会制限をさせていただいております。ご不便をおかけしていますが、ご協力の程よろしくお願いいたします。

イベント・行事(フォトギャラリー)

クッキング・ライブ かっけ

11月17日。クッキング・ライブにて。郷土料理「かっけ」を提供しました。

つるりとした食感と体の温まるメニューが利用者様から喜ばれました。

習字

11月9日。習字に取り組まれている利用者様を撮影しました。

集中した眼差しと丁寧な筆遣いから、真剣味が伝わります。

書き上げた後の笑顔には、達成感があふれ出ていました。

ネイルアート②

10月28日。2度目のネイルアートに挑戦。

前回と同様、鮮やかな色彩に塗られた爪を見て、利用者様の笑顔があふれました。

ハロウィン 放課後等デイサービス事業所きらり利用者様来園

10月27日。放課後等デイサービス事業所きらりを利用されている児童様たちが来園。

ハロウィンを間近に、少し早めの「トリック・オア・トリート!!」

元気で可愛らしい姿を見て、職員も癒やされました。

クッキング・ライブ ひっつみ汁

9月29日。クッキング・ライブにて、ひっつみ汁を提供しました。

郷土料理であり、利用者様にとってはお馴染みの味です。

懐かしく優しい味わいに、皆様は大変満足されていました。

自衛消防訓練

9月26日。夜間を想定した自衛消防訓練を実施しました。

二戸消防署員の立会の中、火元の初期消火や避難誘導など、一連の流れを真剣に訓練しました。

初期消火

避難誘導

消火器使用訓練

ダリアと笑顔と

9月5日。初夏に植えたダリアが綺麗な花を咲かせました。

陽光の下、ダリアと利用者様の笑顔はどちらも鮮やかに咲き誇っていました。

「カフェきらり」へ外出②

9月5日。2度目の「カフェきらり」への外出です。

前回と同様、利用者様は開放感と外出できる喜びにあふれていました。

笑顔でスイーツを堪能し、きらりの職員と歓談。楽しい時間を過ごしました。

窓越しの温もり

9月1日。利用者様のご家族様が面会に来園されました。

愛らしい飼い犬も一緒です。

あいにくのコロナ禍の為、窓越しの面会でしたが、家族の大切さと温もりを改めて感じるひと時となりました。

ネイルアート

8月31日。サークル活動にて、ネイルアートに挑戦しました。

綺麗に彩られた爪を見て、思わず笑顔。楽しい1日となりました。

施設概要

所在地・連絡先〒028-5711
 岩手県二戸市金田一字上田面301-2
 T E L :0195-43-4337
 F A X :0195-43-4367
 E-Mail:miyabi@keisenkai.jp
開設日平成25年4月開設
サービス内容(定員)生活介護   40名

施設入所支援 40名

短期入所     6名

みやびでは、障がい者の心身の特性を踏まえ、その利用者の能力を最大限活用し、営むことができるよう支援します。

日常生活上でこまやかな支援や快適さはもとより、圏域内で不足している”リハビリ”の視点を重要に考え、専門的なスタッフを配置し、心身の機能向上・維持に役立つよう努めます。

利用のご案内

ご利用できる方

◆生活介護
入浴・排せつ及び食事等の介助、その他必要な援助を要する障がい者であって、常時介護を要する方に主として昼間において必要な日常生活上の支援、相談及び助言、その他の身体機能または生産能力の向上のために必要な援助を行ないます。
対象・・・障害程度区分3以上(50歳以上は2以上)の方

◆施設入所支援
主として夜間において、必要な日常生活上の支援を行うとともに、施設入所支援以外の生活介護を行ないます。
対象・・・障害程度区分4以上(50歳以上は3以上)の方

◆短期入所支援
居宅において、その介護を行う方の疾病その他の理由により、施設への短期間の入所を必要とする障がい者等につき行われる入浴、排せつ及び食事の介護その他の必要な支援をします。

ご利用の申し込み
  1. お住まいの市町村の障がい担当課へ。*1)サービス等利用計画案の提出依頼書を頂きます。指定特定相談支援事業所に*1を持参してご相談します。
  2. 相談者の希望をもとに*2)サービス等利用計画案を作成します。
  3. *2)を添えて両び市町村窓口ヘ申し込みます。
  4. サービス利用支給決定
  5. 決定通知を受け、指定特定相談支援事業所が利用予定事業者、関係者等を集めサービス担当者会議を開催し、利用計画書を確認します。
  6. 契約・利用
  7. その後、概ね6ヵ月に1回の割合でサービス利用等について関係者聞の状況を聞き取ります。
ご利用料金

(1)利用料
施設障がい福祉サービスを利用した場合の利用料の額は、厚生労働大臣が定める基準を超えない範囲において、市町村長が別に定める額とし、その他費用にあたる利用料の合計額とする。

(2)事業所は施設障害福祉サービスにおいて提供される便宜に要する費用のうち次の各号に掲げる費用の支払いを支給決定障害者から受ける(重要事項説明書及び契約書別紙に記載)ものとする。
(ア)食事の提供
(イ)光熱水費
(ウ)送迎に要する交通費
(エ)その他、日常生活においても通常必要となるものに係る費用であって、利用者に負担させることが適当と認められるもの

設備概要

構造・階数鉄筋コンクリート造 3階建
エントランス

エントランス

機能訓練室

機能訓練室

お風呂

特殊浴槽

googlemap

障がい者支援施設 みやび

住所 〒028-5711 岩手県二戸市金田一上田面301-2

TEL 0195-43-4337  FAX 0195-43-4367